窓口・会計

受付から会計までの医事業務を、簡単な操作でスピーディーに処理します。

※画像をクリックすると拡大表示されます。
新規患者の受付入力時間を大幅に短縮、再来受付時は患者コード入力だけで完了

各種データベースを活用し、受付における入力時間を大幅に短縮。初診や再診等の来院履歴に合わせて画面を表示します。

頭書登録 頭書登録
保険証認識システム 保険証認識システム

保険証の情報を自動取り込み。 オプション


多彩な入力方法が窓口業務の快適操作を実現
キーボード入力 キーボード入力

キーボード主体の入力。 スピードが求められる病院窓口で威力を発揮します。

マウス入力 マウス入力

よく使う薬や処置などをセット項目として設定可能。 ワンクリックで診療内容が入力できます。レセコンに不慣れな事務員でもストレスなく操作ができます。


入院事務

入院受付や入院会計にも対応し、入院患者の情報を一元管理します。

※画像をクリックすると拡大表示されます。
患者さんの会計処理がスムーズ
入院請求 入院請求

入力された入院内容から入院基本料などの会計に必要な情報を自動算定。


患者さんの受付や状況確認は「入院患者一覧」画面で簡単
入院基本情報 入院基本情報

入院基本情報を登録「入院基本情報」

入院患者一覧 入院患者一覧

患者さんの入院状態を確認「入院患者一覧」


部門に特化した機能、例えば「療養病棟」

医療区分、ADL得点の管理、療養病棟で求められる患者さんの状態像の評価の管理を、入力画面と帳票発行機能で支援します。

医療区分・ADL得点 入力画面

医療区分・ADL得点 帳票


レセプト請求

「点検アシスト」が、正確なレセプト作成をサポートします。

※画像をクリックすると拡大表示されます。
レセプトイメージにチェック結果を表示

「点検アシスト」によるチェック結果は、レセプトイメージで表示されます。摘要欄との関連性が一目で確認できるので、チェック確認が容易です。


レセプト点検をスピードアップ

レセプトを紙に印刷する必要はありません。 また、レセプトデータを作成して、別ソフトでチェックする必要もありません。 レセプト請求の一連の操作で「点検アシスト」が実行でき、チェック結果内容は画面上で確認できます。 チェック結果確認画面から、該当患者の入力画面に移動し、即座に内容を修正できます。

帳票形式での出力も可能
帳票形式での出力も可能

会計入力中にも点検可能
会計入力中にも点検可能

日々の会計入力中でも「点検アシスト」が実行できます。 日々チェックすることで、保険請求時の負担を軽減することができます。


6つのアシスト機能がレセプトを徹底的にチェック

見落としがちな算定ミスや窓口での入力漏れなどを、さまざまなデータベースを活用してチェックします。

assist

診療基本情報に入力ミスはないか?

頭書情報が正しく入力されているか、傷病名の診療開始と初診回数が合っているか、診療回数・処方料回数と実日数が合っているかなどの 診療に関する基本的な情報が正しく入力されているかをチェックできます。
assist

算定漏れの可能性のあるものはないか?

窓口の入力内容から、算定漏れの可能性のある医学管理・在宅の算定項目をチェックし、算定確認を促します。
※当社が指定する項目のみチェックすることができます。
assist

算定ルールに従った入力がされているか?

診療報酬点数表に記載された告示・通知(算定ルールなど)をデータ化した電子点数表を利用し、算定誤りがないかをチェックできます。
算定回数チェック
一定期間内に算定可能回数を超えて算定していないかをチェックします。これにより「縦覧点検」に対応できます。
背反チェック
同日、同月、さらに一週間以内に算定できない別々の診療行為が共に算定されていないかをチェックします。
包括チェック
包括となる診療行為についてチェックします。
assist

適したレセプト病名が登録されているか?

投薬・処置・手術・検査・画像診断といった診療行為に対して、正しいレセプト病名が登録されているか、レセプト病名の登録漏れがないかをチェックします。
病名−投薬チェック
データベースに一般財団法人日本医薬情報センター(JAPIC)を採用し、医薬品に対する適応病名の3段階の評価チェック、禁忌病名の3段階の警告チェックが可能。 院内、院外、両方の処方内容がチェックでき「突合点検」に対応できます。
●適応病名、禁忌病名に特定の病態・条件が付加されている場合は、病態・条件を出力可能
病名−処置・手術・検査チェック
●処置・手術に対する適応病名もれチェックが可能
●検査に対する適応病名もれチェックが可能
部位チェック(病名−画像診断)
画像診断については、撮影部位を含めたチェックが可能。

■「撮影部位」に適応する病名チェック
■左右位置誤りチェック
■「同義・近接部位グループ」チェック

撮影部位とレセプト病名の部位が異なる場合でも、両者の部位が「同一グループ」であれば、一連の部位とみなして適応病名チェックを行います。
例)「尾骨骨折」の患者さんに「腰椎単純撮影」を実施した場合、一連の部位とみなしてエラーなしとします。
assist

診療日に正しく入力されているか?

休日でない日に休日加算を算定していないか、病名開始日が初診日の後になっていないかなど、診療日に正しく入力されているかをチェックできます。
assist

医薬品の投与量や投与期間、剤形は適しているか?

同じ医薬品でも病名によって異なる投与量や投与期間がある場合もチェックすることができます。
さらに同じ医薬品でも年齢によって医薬品の剤形が異なる場合も年齢チェックすることができます。
※投与量・投与期間のチェックについては、プロトンポンプ阻害剤(PPI製剤。タケプロンやオメプラゾールなど)のみチェック可能です。
※年齢のチェックについてはモンテルカスト製剤(シングレアやキプレス)のみチェック可能です。

統計

「統計アシスト」が、病院経営の見える化を支援します。

※画像をクリックすると拡大表示されます。
統計アシスト

日報や月報といった台帳の作成。例えば疾患別-年齢別の患者数をクロスで集計。 そういったことも、「統計アシスト」なら簡単にできます。 統計したい内容をクリック操作で選択。直感的な操作性でレイアウト変更も簡単です。 帳票として出力するだけでなくCSV形式やXLS形式でデータを出力することができるので、 データの2次加工にも利用できます。「統計アシスト」は病院運営に必要な統計データの作成を支援します。

統計アシスト(台帳) 統計アシスト(台帳)

統計アシスト(クロス) 統計アシスト(クロス)



診療報酬改正収益試算

医科全体の改定率については、厚生労働省から公表されます。 しかし、点数引き下げ幅の大きい診療行為を多く実施している医療機関様においては、全体の改定率以上の減収を被る場合もあります。 そのため、医療機関としては診療行為・薬剤・特定機材個々について、新点数での収益影響度を把握することが大変重要になってきます。 診療報酬改定による収益比較を「診療報酬改正収益試算」で支援します。


ドクター支援

ドクターの診療を支援する豊富な機能を提供します。

※画像をクリックすると拡大表示されます。
病名・処方等入力画面

処方(投薬・処置等)を入力。 よく使う処方などはワンタッチボタンに設定しておけば、一発で簡単入力できます。 入力した内容ですぐに処方せんなどを発行できます。

処方等入力画面 処方等入力画面

病名入力画面 病名入力画面


検査依頼・結果管理機能
検査依頼 検査依頼

検査伝票イメージの画面からクリック選択するだけで、簡単に検査の依頼ができます。

結果管理機能 結果管理機能

検査結果をグラフィカルに表示。 時系列に一覧表示された検査結果をさらにグラフやレーダーチャートにすることで、 経過や推移を基準値と比較しながら、患者さんへのビジュアルベースでの説明も可能になります。


画像管理機能
画像管理機能

画像検査機器からの参照画像やスキャナー等で取り込んだ画像をダイレクト表示。

文書作成機能
文書作成機能

患者さんの頭書や診療データだけでなく、検査結果や処方歴などを活用して、 紹介状・診断書などを作成することが可能です。 もちろん定型文など入力アシストも豊富です。


システム拡張

院内部門間をネットワークでつなぎ、未来志向の医療ITにも適応可能です。

電子カルテシステムとの連携が、院内の各部門業務をネットワーク化させ、医療IT化はさらに進化していきます。
オプションソフト一覧
名称
1頭書データ送信 7診察予約 13入所請求 19特定保健指導支援 25DPC調査支援
2患者ID連携 8薬剤文書発行 14保険証認識 20セカンドサーバー 26診療情報管理システム
3画像システム連携 9カラー薬剤文書発行 15モバイル端末 21窓口自動精算機連携
4臨床検査ネットワーク 10薬剤チェック 16PCレセプト照合 22小遣い銭管理
5再来受付連携 11国保総括 17会計データ連携 23診療データ受付
6診察券発行 12訪問通所 18特定健診請求システム 24オーダー医事連携
※別システムでの運用となります。

バックアップ

医療機関の大切なデータを堅固なシステムでお守りします。

ミラーリング
大切なデータを守るため、ハードディスクを2重化しデータをミラーリング。 また、外部ハードディスクへのバックアップで信頼性を向上させています。
日次バックアップ/フルバックアップ
毎日の業務のバックアップはもちろん、月に1度OSごとフルバックアップします。
バックアップサービス
万が一サーバーにトラブルが発生してもクライアント1台は継続操作が可能です。
セカンドサーバーオプション
万が一サーバーにトラブルが発生しても、指定したクライアントが”セカンドサーバー”として機能し、平常時と同じ業務を継続できます。
  • 医事一体型電子カルテ Medicom-HRV
  • 診療所用電子カルテシステム Medicom-HRkⅢ
  • 電子カルテ システム Medicom-DP/X Ⅲ
  • 診療所用医事コンピュータ Medicom-HRiⅢ
  • 診療所用医事コンピュータ Medicom-MC/XN
  • 病院用医事一体型電子カルテ Medicom-HS
  • 病院用医事コンピュータ Medicom-HSi
  • 病院用医事コンピュータ Medicom-MC/XN for Hospital
  • 保険薬局向けレセプトコンピュータ ファーネスⅢ
  • 保険薬局向け電子薬歴システム ファーネスⅢ-MX
  • 電子薬歴管理システム ドラッグスター セレブEX
  • 電子薬歴管理システム ドラッグスター セレブEX
  • Web予約システム 受けNavi
  • Web診察予約
医療コンピュータの出張デモ致します。
導入事例のご紹介
  • 藤森耳鼻咽喉科 様
  • つつじ薬局 様
  • 依藤診療所 様
  • たぐちクリニック 様
  • 阿保クリニック 様
  • 西川内科医院 様
  • 森川ペインクリニック 様
  • ホームページ制作
  • 機種別サポートのご案内
  • 介護・福祉・医療のトータルヘルスケアソリューション NDソフトウェア株式会社
  • 歯科医療用 株式会社ミック
rapidssl証明
このサイトで入力される情報は、
暗号化により保護されています。