6つの特徴






患者さんとの対話が、信頼をつなぐ。

メディコムに入力された情報から薬歴が自動送信され、画面に一覧表示されます。 また、薬歴を開くことなく患者さん毎の確認事項や申し送り事項が表示されます。
混雑時など、薬歴の記載が終わらない場合に、どこまで薬歴の記載がすすんでいるかアイコンを分けて表示することができます。


患者頭書情報
患者さんの頭書情報、担当薬剤師、確認事項を表示します。 確認事項は見落とし防止機能として自動的にポップアップさせることも可能です。
指導文書の記入欄
指導文書の記入を行う場所です。 過去の指導文を分類整理し、カテゴリー別に保存されます。

ナビゲーションバー
良く使う機能をボタンに登録することができます。 また、端末毎にボタン設定が可能ですので、鑑査台の上では鑑査用の画面設定、 投薬口では投薬時に良く使う画面設定等、ニーズに合わせて使い分けいただけます。
処方内容表示
メディコムから取り込んだ処方内容を表示します。 前回の処方の確認や、薬剤の処方歴などをワンタッチで瞬時に確認できます。 薬剤の添付文書もスピーディに確認可能です。

問診種別ボタン
薬歴を「問診種別」という概念で分類・整理。 一定期間内に患者さんに確認した項目は【緑色】で表示。 確認をしていない項目は【赤色】で表示して指導の偏りを防止することができます。 また、問診種別ボタンを押すと、その種別での過去の指導文を表示することができます。
マーカー機能
指導文の中で注意すべき内容にマーカーを引くことができます。 また、過去にマーカーを引いた文書の抽出も可能です。

COMMNUNICATION

患者さんの安心は薬剤師さんとの対話から生まれます。 そしてやがてその安心が信頼へと変わり、そこから「かかりつけ薬局」として患者さんの認知がはじまります。 そのため薬剤師さんの対話術が「選ばれる薬局」づくりにも欠かすことができないスキルとなっています。
《ドラッグスターセレブEX》は患者さんとの対話をスムーズに展開させることをひとつのコンセプトとして開発された対話型薬歴管理システムです。
《ドラッグスターセレブEX》から提供される薬歴記載フォームが、自然と患者さんとの対話を生み出し、その対話を通じて患者さんの心理面にまでケアする服薬カウンセリングを実現しています。


※画像をクリックすると拡大表示されます。
「患者さんが持ち込まれた処方せんの内容に疑義は無いか?」 患者さんとの最初の対話は、 そのチェック内容の結果からスタートします。

患者さんが現在服用中の薬剤を自動抽出して今回の処方薬剤との相互作用がチェックできます。
また、代謝酵素(チトクロームP450)を考慮した相互作用のチェックも行うことが可能です。


今回処方された薬剤と過去に処方された薬剤のチェックを瞬時に行うことができます。
患者さんに初めて処方された薬剤や、過去の処方との違いを一目瞭然でチェックすることが可能です。
  • DO今回処方と前回の処方が同じ薬剤
  • 今回初めて患者さんに処方された薬剤
  • 今回の処方から追加された薬剤
  • 今回の処方から削除された薬剤

変更可調剤を行った場合は、変更前・後の薬剤にマークを表示!
変更可調剤内容および一般名処方内容は、印刷薬歴簿や鑑査支援票に印字することもできます。
  • 変更後の薬剤
  • 代前変更前の薬剤
  • 商品名
  • 一般名
変更可調剤にともなう薬剤の比較を可能にするため、薬剤比較モードと成分比較モードをワンクリックで簡単に切り替えることができます。 比較する薬剤の成分と規格が同じ場合、双方の薬剤に同一色のマークがつきます。

変更可調剤を行った場合は、変更前・後の薬剤にマークを表示!
変更可調剤内容および一般名処方内容は、印刷薬歴簿や鑑査支援票に印字することもできます。
  • 変更後の薬剤
  • 代前変更前の薬剤
  • 商品名
  • 一般名
変更可調剤にともなう薬剤の比較を可能にするため、薬剤比較モードと成分比較モードをワンクリックで簡単に切り替えることができます。 比較する薬剤の成分と規格が同じ場合、双方の薬剤に同一色のマークがつきます。

変更可調剤を行った場合は、変更前・後の薬剤にマークを表示!
変更可調剤内容および一般名処方内容は、印刷薬歴簿や鑑査支援票に印字することもできます。
  • 変更後の薬剤
  • 代前変更前の薬剤
  • 商品名
  • 一般名
変更可調剤にともなう薬剤の比較を可能にするため、薬剤比較モードと成分比較モードをワンクリックで簡単に切り替えることができます。 比較する薬剤の成分と規格が同じ場合、双方の薬剤に同一色のマークがつきます。

薬局内の「ヒヤリ・ハット」機能として活用できます。規格違いや名称の似た薬剤など、注意が必要な場合自動的にポップアップ表示されます。
相互作用チェック 指定相互作用チェック

患者さんが現在服用中の薬剤を自動抽出して今回の処方薬剤との相互作用がチェックできます。
患者さんに直接聞いた、他の薬局や医療機関から処方されている薬剤との相互作用も、確認することが可能です。
前回比較 変更可調剤

今回処方された薬剤と過去に処方された薬剤のチェックを瞬時に行うことができます。

変更可調剤を行った場合は、変更前・後の薬剤にマークを表示!
薬剤比較モード 成分比較モード

薬剤比較モード

成分比較モード
薬剤チェック

薬局内の「ヒヤリ・ハット」機能として活用できます。


※画像をクリックすると拡大表示されます。
次に服薬に伴う患者さんのさまざまな不安や疑問に答えるために、 患者さんの相談にのり、 必要な情報と的確な回答を提供することが求められます。

「アレルギー」や「服薬コンプライアンス」など任意の8項目の問診種別を一括表示。 患者さんの日々変化する「体調」や「他科受診状況」などのプロフィール情報を、カテゴリー別に時系列で表示します。

患者さん毎の処方歴を表示。 どの薬剤が、どれくらいの期間処方されているかなど処方内容をカレンダー表示することで、服薬プラン全体を把握することができます。
また、服用重複期間のある薬剤は色を変えて表示されます。

処方経過を横一列に表示させ、直感的につかみやすい形で処方の変化を確認することができます。 また画面下段には指導文が表示され、症状の推移や指導の推移も把握することが可能です。

薬剤に関する疑問や、不安を取り除くため、添付文書をもとに薬剤の情報を、患者さんを待たせることなく瞬時に検索することができます。

薬歴確認中の患者さんに家族がいる場合に問診種別ボタンの[家情]が【ピンク】色表示。
家族の処方確認や、家族間での薬歴切り換えが可能です。

患者さんに問診する内容をアンケート形式に整理することで、対話スキルに関係なく患者さんとのコミュニケーションが図れます。 また、前回の内容を基に患者プロフィールを更新したり、ここで記載した内容を問診種別に整理したりすることもできます。

検査表のグラフ表示により患者さんの状態を継時的に把握でき、正常値でない数値を一目で確認することが可能です。 また、グラフを表示して説明することができるので患者さんへの指導にも役立ちます。
患者概要 薬剤カレンダー

「アレルギー」や「服薬コンプライアンス」など任意の8項目の問診種別を一括表示。

患者さん毎の処方歴を表示。
処方一覧 医薬品情報

処方経過を横一列に表示させ、直感的につかみやすい形で処方の変化を確認することができます。

薬剤に関する疑問や、不安を取り除くため、添付文書をもとに薬剤の情報を、患者さんを待たせることなく瞬時に検索することができます。
家族情報 問診アンケート

家族の処方確認や、家族間での薬歴切り換えが可能です。

患者さんに問診する内容をアンケート形式に整理することで、対話スキルに関係なく患者さんとのコミュニケーションが図れます。
検査値グラフ表示

検査表のグラフ表示により患者さんの状態を継時的に把握でき、正常値でない数値を一目で確認することが可能です。


※画像をクリックすると拡大表示されます。
最後に対話から得た新たな患者さんの情報を、 確実に、しかも次回につながる形で保存することで、 かかりつけ薬局としての役割を果たしていくことができます。

患者さんとの服薬指導計画はSOAP形式でも記入可能です。 SOAP形式での記入は、薬剤師さんが計画立案にいたる経緯を明確にし、別の薬剤師さんがその患者さんの応対に立っても計画と矛盾することなく服薬指導を継続させることを可能にします。

各薬剤の「生活指導」や「食事指導」といった指導文を雛形として登録することが可能です。 雛形をベースに、適宜、患者さんの情報を追加するだけで薬歴作成の手間を大幅に軽減します。

薬局内で独自に作成可能。 疾患・薬剤毎、または服薬指導に関する質問などを作成し、患者さんに合わせた、より親切で、丁寧な指導を行うことができます。 薬歴簿にスタンプを押すイメージでご利用いただけます。




POSに基づいたSOAP形式 指導文一覧

患者さんとの服薬指導計画はSOAP形式でも記入可能です。

各薬剤の「生活指導」や「食事指導」といった指導文を雛形として登録することが可能です。
テンプレート入力 印刷物

薬局内で独自に作成可能。
薬歴に記載された内容をもとに、さまざまな形式で印刷物を直接発行することができます。
鑑査支援票
服薬指導アンケート
薬歴簿 表紙
薬歴簿 続紙



電子薬歴の画面から、薬剤師さんの判断で算定項目をクリックすることにより、ファーネスに再度計算をさせ、 薬歴の画面に点数や金額が表示されます。
※この情報はファーネスの点数・金額にも反映されます。

合計処理とも連携!
  1. ファーネスから、頭書データ、処方データの送信
  2. ドラッグスターセレブEXから、薬学管理料算定情報の送信
  3. 点数・金額データをドラッグスターセレブEXに送信
    金額等をドラッグスターセレブEX側の画面にて確認すると同時にファーネスから、領収書や調剤録等が発行されます。



  • 医事一体型電子カルテ Medicom-HRV
  • 診療所用電子カルテシステム Medicom-HRkⅢ
  • 電子カルテ システム Medicom-DP/X Ⅲ
  • 診療所用医事コンピュータ Medicom-HRiⅢ
  • 診療所用医事コンピュータ Medicom-MC/XN
  • 病院用医事一体型電子カルテ Medicom-HS
  • 病院用医事コンピュータ Medicom-HSi
  • 病院用医事コンピュータ Medicom-MC/XN for Hospital
  • 保険薬局向けレセプトコンピュータ ファーネスⅢ
  • 保険薬局向け電子薬歴システム ファーネスⅢ-MX
  • 電子薬歴管理システム ドラッグスター セレブEX
  • 電子薬歴管理システム ドラッグスター セレブEX
  • Web予約システム 受けNavi
  • Web診察予約
医療コンピュータの出張デモ致します。
導入事例のご紹介
  • 藤森耳鼻咽喉科 様
  • つつじ薬局 様
  • 依藤診療所 様
  • たぐちクリニック 様
  • 阿保クリニック 様
  • 西川内科医院 様
  • 森川ペインクリニック 様
  • ホームページ制作
  • 機種別サポートのご案内
  • 介護・福祉・医療のトータルヘルスケアソリューション NDソフトウェア株式会社
  • 歯科医療用 株式会社ミック
rapidssl証明
このサイトで入力される情報は、
暗号化により保護されています。